fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

シュペールサンクのスピーカー交換

うちのシュペールサンクのスピーカーはリアトレイサイドのパネルに下から上に向けて装着されています。

L1010261.JPG

シュペールは縦サンクと違って走行中もちゃんと音が聞こえるので(笑)、グレードアップ調査のために外してみたら、

L1010262.JPG

ペーパーコーンがふやけて一部に破れもありました。

L1010263.JPG

かつてクリオ3やルーテシア3で使い、いまは縦サンクに装着しているFOCALのISCシリーズが到着

L1010269.JPG

シュペールサンクのスピーカー装着位置は欧州10cm規格と小さいので今回はISC100です(クリオ/ルーテシア3/縦サンクはISC130)。

L1010270.JPG

リアトレイサイドパネルのグリル部を丸く切り取ると(これ結構難儀します)約93mmの穴になります。

L1010265.JPG

埋め込み寸法91.6mmのISC100がジャストフィット。ネジを通す部分も穴は空いていませんが位置決めされています。23年前の車ですが、この頃からすでに規格に準じていたんですね。

L1010272.JPG

L1010273.JPG

この部分に装着します。

L1010286.JPG

当たり前ですが天と地ほど音が変わりました。

L1010291.JPG

L1010293.JPG

L1010289.JPG

FOCALのISCシリーズ(写真はISC100)は正規輸入されなくなってしまいましたが、いまだに最も信頼できるポン付けスピーカーです。(現在でも並行物がusa-audioにて購入可能)