fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

フランス旅行のカメラ

9月のフランス旅のお伴には、ズミルクスf1.4 35mmと50mm、復刻版ズマロンf5.6 28mmの3本を持って行きました。

70153009_2446193235461122_814822679793106944_o.jpg

まず50mmは旅には画角が狭すぎて出番なし。次に35mmは普通に使えます。そして復刻版ズマロン28mm、これが良すぎ。

70941214_2455602694520176_666282227998392320_n.jpg

f5.6の小口径なのでボケとは縁遠いのですが、逆にそれが旅には良いです。また、このレンズには他のレンズにない味(うまい具合の周辺光量落ちを含めて)があり、迫り来るような描画力もあります。もちろん超軽量コンパクト(レンズフード不使用)なので機動性も高く、自ずとこのレンズを付けっぱなしになってしまいます。持って来るのはズマロン28mm一本だけで良いかもしれません。 絞りは5.6、8、11を使用。11だとほぼパンフォーカスです。白飛び、黒潰れだけに注意し、RAWのみで撮影。移動中にflashairがスマートフォンにRAWファイルを転送し、スマホLightroomAdobeカラープロファイルを自動適用、その後手動で補正しています(と言ってもほぼ「自動」ボタンを押すだけ)。 このレンズで感じたのは空の青と雲の白

70494058_2455602847853494_7557211144490844160_n.jpg 70336469_2455607841186328_1270801426120966144_o.jpg

高い解像力、そして絞り解放で最短撮影距離近くにピントを合わせると、f5.6といえども軽い前ボケと後ろボケがとても良い味を出すこと。

70996529_2455602627853516_3770061522936528896_n.jpg 70171580_2455602537853525_4756003795815628800_n.jpg

何より、軽い、薄い、被写体深度が深いのでピントがシビアじゃない、旅カメラに最適でした。f5.6では暗すぎるのではと思っていましたが、露出に神経を使うこともなく何も問題ありませんでした。