fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

1974年製 SUPER-ANGULON 21mm f3.4 + 12002 21mmファインダー

LEICA M10-Pの取扱説明書に「ライブビューモードでのみ測光可能なレンズ」と注意書きがあるスーパーアンギュロン21mm f3.4 後期 98%ミントコンディションを見つけましたので大阪のマツバラ光機さんから購入しました。

L1010329.jpg

スーパーアンギュロンとしては、かなり後期のものになります。無限遠ストッパーは装着されていません。

L1010328.jpg

同時に #12002 21mmファインダー(LEITZ筆記体)1960年 専用革ケース・元箱付も購入

L1010321.jpg

まだ保護材がファインダー躯体に貼り付けてあったくらいなので、ほぼ未使用と思われます。

L1010319.jpg

ファインダー内部もクリアそのもの

L1010320.jpg

Super-Angulon 21mm / Elmarit 28mm 専用レンズフード #12501 1964年が付属していましたが、こちらもほぼ未使用と思われます。

L1010322.jpg

別途 #14040キャップを用意しました。こちらは新品で購入可能です。

L1010327.jpg

21mmファインダーと専用フードを着けた格好良さを見ると、もう写真なんて撮らなくても良いくらいです(笑)

L1010324.jpg L1010325.jpg L1010326.jpg

一応撮影してみました(笑) まずはライブビューを起動させない状態で絞り優先AEで撮影してみると、見事に真っ白になりました。

L1001228.jpg

次にライブビューを起動させて撮影すると、普通に測光できました。取扱説明書通りです。しかしやはり後ろ玉が極端に飛び出している影響で右側に強烈なマゼンタ被りが発生します。

L1001231-2.jpg

Adobeのフィルターで軽く取り除いてみました。

L1001231.jpg

しかしレタッチすると不自然さが残るので(腕次第ですが)、思い切って白黒で使うと割り切った方が良いかもしれません。

L1001231-3.jpg

手の掛かるものほど面白い、という予感がするレンズです。