fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

1961年製 SUMMICRON 50mm f2 固定胴鏡 後期 Mマウント

私のレンズ集めもそろそろ終盤です。 SUMMICRON 50mm f2は沈胴のスクリューマウントを持っていますが、同じレンズ構成でライツレンズの伝説にもなっている固定胴鏡をどうしても持っておきたい、しかも人気のある後期、しかも上物ともなるとなかなか出てきません。

L1010340.jpg

見つけたら販売済みを繰り返し、海外オークションでも想定外の高騰で敗北するなど、入手までかなり時間を要しました。最終的には灯台下暗しで新宿で手に入れたのですが(笑) この時代のフードはIROOA

L1010334.jpg

使わないときは逆付けしてフードキャップを被すととてもコンパクトです。

L1010335.jpg

このフードキャップ14040は今でも新品で入手可能です。

L1010338.jpg

念願が叶いました。やはり沈胴より固定の方が使いやすいです。

L1010333.jpg

f5.6で撮影してみました。

L1001242.jpg

顔部分をクロップ。今どきのレンズとしては普通の解像ですが、これは1961年のレンズです。

L1001242-2.jpg

長い相棒になりそうです。