fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

レンジファインダー考:M型派生ミラーレスモデルに期待

レンジファインダーによる正確で素早いピント合わせ、なんていう表現をライカ関連ムックなどで見かけますが、素早いは合っていますが、正確はボディとレンズが一対一で調整されている場合に限りますね。ライカ純正新品レンズとM10-Pの組み合わせだとあまり意識しなかったのですが、中古レンズや社外レンズを色んな種類試すと、レンジファインダーで二重像が重なっても撮影した写真はピントが外れているなんてことが結構あります(下手で外しているのもあるが、笑)。考えてみたら、バラバラに買うすべてのレンズと私のMボディの距離計が合っているわけがないのです。EVFを使うとこの問題は解決するのですが、あのでっかい外付けEVFをつけると一気に嵩ばるのと、第一美しくありません。 そこで、生粋のライカファンには怒られそうですが、いま噂されているEVF内蔵(距離計非搭載)のM型派生ミラーレスに大いに期待しています。ネイティブのMマウント、高精細有機ELファインダー、受光素子は今と同じくらいの画素数、ボディデザインはM型ライカの文法を踏襲、何なら背面液晶を省略して小型・軽量化してもらっても構いません。 従来のM型と、EVFのみのM型派生ミラーレスを使い分けるなんて理想的だと思いますが、いかがでしょうか。