fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ATOK for androidとATOK for android [Professinal]との違いに軽くはまる

先日、androidタブレットBluetoothキーボードを接続した話を書きましたが、ATOKでどうしても機能しないキーがあることに少しはまっていました。そこで調べてみたところ、ATOK for androidATOK for android [Professinal](ATOK PRO)の機能差として、「ハードキーボードのキー配列」を指定する機能がATOK PROの方にしかないことが判明。 早速、ATOK PROをインストールしたところ、写真の通り英字配列と日本語配列の選択メニューが現れ、USキーボードでも日本語キーボードでも、すべてのキーがATOKから打ち込み可能になりました。

Screenshot_20200107-152612_ATOK PRO.jpg

Android+ATOK+ハードウェアキーボードのトリオが滅茶苦茶快適になりました。月500円とられますが(笑)

L1010539.jpg

ただし、これはあくまでATOK PRO側の機能であり、サムソンがカスタマイズしたandroidではOS側でキーボード配列を指定する機能はATOKとGALAXYキーボードでは無効化されているので、依然としてGALAXYキーボードで日本語を打つと打てないキーが存在します。しかし私の場合はATOKしか使わないので、これでほぼ問題解消です(^^) なお、Google日本語入力なら日本語109AキーレイアウトがOSから選択できますが、この日本語109Aでも日本語JISキーボードで打てないキーが存在します。このあたりはさすがATOKです。