fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

自宅光回線のスピード

時差で夜寝られず色々考え事をしていると、急に自宅の光回線の速度が気になり始めました。我が家はドコモ光でNTT東日本のフレッツ網を利用し、プロバイダはBIGLOBEIPv6オプションを付けています。光ファイバーの信号は終端装置を兼ねたホームゲートウェイ(NTTひかり電話ルータ)を経て我が家に入り、メインPCは基本的に有線LANで接続し、それ以外の機器は、ブリッジモードで接続したWi-FiルーターWG1800HPを介してWi-Fiで接続しています。テストは同じPCを使用し、有線LAN、無線LAN(5GHz クワッドチャンネル)、無線LAN(5GHz シングル)、無線LAN(2.4GHz 1帯域)で比較、速度を計測するサーバも東京のあるサーバに統一しました。

87387301_2791300117617097_8788569961787293696_o.jpg

結果を見ると、そこそこ速度出てるのかなと思いましたが、更なる向上を期してNURO光アベイラビリティを確認したら、ウチの家は対象外でした。一応東京都ですよ!(笑) 回線変更はあきらめ、もう一つのボトルネックと考えられるWi-Fiルーターをヨドバシに注文。Wi-Fiルーターだけでどれほど無線LANの速度が変わるのか、明日実験します。それにしても2.4GHz帯は速度出ませんね。我が家に2.4GHzにしか対応しない無線LAN機器が二つありましたので、そちらも買い換え発注しました。