fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

CloudReadyをインストールする爆速USB

CloudReadyを内蔵SSDにインストールして遊んだあとすっかり元通りにwindows10に戻ったノートパソコンですが、普段はむしろChrome OSを使いたいので、CloudReadyを格納するUSBメモリを物色。何個か買ってみましたが、USB3.1USB3.0などの規格に関係なく、激遅なUSBメモリが数多く存在することがわかり、規格に合致していれば良いというものではないことがわかりました(USBの性能表示はほぼシーケンシャルリードしか載っていない)。

94889872_2939694089444365_3378284544749731840_n.jpg 94919754_2939694096111031_2152712117847851008_n.jpg 青.jpg

USBブートしたCloudReadyがサクサク動くかどうかは、写真の赤で囲ったランダムライトの性能が大きく関わっています。。。そしてPCIe接続の内蔵SSDはやはりとんでもない速さです。

95029865_2939694086111032_3330203953534074880_n.jpg

いうことで、超本命USBメモリがやってきました。

20200501_100320.jpg

SamsungのFIT Plus MUF-128AB/ECです。このシリーズには32/64/128/256GBの種類があります。CloudReadyをインストールするには32GBで十分なのですが、128/256GBの方が高性能なようなので128GBを選択しました。

20200501_100523.jpg

速度を計測したところ、CloudReadyがそこそこサクサク動いていたUSBと比べても、まるで比較にならないランダムライト速度です。おそらくこのUSBより速いものを見つけるのは不可能かも、と思わせるくらいの結果です。

無題.jpg

しかもパソコンに挿しっぱなしにしても気にならない超小型で色味も合っています。

20200501_100615.jpg 20200501_104049.jpg

CloudReadyのインストールも、これまで使ったどのUSBメモリとも比較にならない速さで終了。実際の使用もサクサクです。これならUSBメモリベースでのOS運用に支障ありません。相変わらず、このバージョン(80.3.17 Home Build stable-channel 64-bit)ではバッテリー残量が見られませんが(^^;)

20200501_120854.jpg

もちろん内蔵PCIe-SSDにインストールするのが一番速いのですが、CloudReadyがデュアルブートに対応していないので、現時点ではこれが最良の運用だと思います。しかしこのPCだとWindows10もサクサクなのでCloudReadyを使う意味があるのかどうか微妙です(笑) ※ディスク速度計測はPC-GN1863YAF(Corei7-8565U/16GB/PCIe512GB SSD)で行っています。