fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

Windows10の上でCloudReady

CloudReadyの上でWindows10を走らせたり、USBブートでCloudReadyを運用したりと色々パソコンで遊んで来ましたが、今日は最後のお遊び、Windows10の上でCloudReadyを動かします(ソレニナンノイミガアルノカ……)笑 VirtualBoxではCloudReadyは動かないので、今回仮想マシンソフトはVMware Workstation 15 Playerを使用、Windows10にインストールして、CloudReadyの仮想マシンデータ(CloudReadyのHPからダウンロードしたOVAファイル)を読み込むだけなので超簡単。

20200503_134638.jpg 20200503_134837.jpg 20200503_160625.jpg

実際には読み込んだ後の各種設定で丸一日遊ぶことができました。VMwareVirtualBoxより使いやすい印象。バッテリー情報をゲストOSに引き渡すオプションがあり、CloudReadyでもしっかりバッテリー残量が表示されます。

20200503_161447.jpg

USBメモリーを挿すとホストかゲストのどちらにマウントするか聞いてきてくれる親切さ。

20200503_161656.jpg

最終的にメモリー8GB、CPU 4スレッド、ディスク32GB(可変の上限)、ビデオメモリー2GBをCloudReadyに割り当てました。もちろんWindows10の上でもサクサク動きます。

20200503_173016.jpg

ワイドの全画面表示にも対応し(ホストマシンのディスプレイドライバを使用)、サウンドカードはデフォルトでは設定されていないので、これもホストマシンのサウンドカードを使用するように設定すれば完璧です。

20200503_161424.jpg