fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ローバーミニの車検で iR MAKERSさんへ

ミニの車検を受けるために大森のiRさんへ。

f:id:fclifetokyo:20201101145714j:plain

仕事の癖で、すぐに真実の瞬間(註:ヤン・カールソンの著書参照)を探してしまうのですが、こちらのミニ専門ショップはトイレを含むお店の隅々まで神経が行き届いていて、従業員の皆さんもとてもよく教育されていて、間違いないショップと直感しました。

f:id:fclifetokyo:20201101145645j:plain

専門ショップにありがちなタメ口接客、お友達接客ではなく、好感が持てます。そういう感じが好きな方もいらっしゃるでしょうけど(笑)

とてもオシャレな待合室です。

f:id:fclifetokyo:20201101145650j:plain

持ち込み部品の装着も含めて色々お願いしてきました。それにしても入庫中のミニの緑率が高い(笑)

f:id:fclifetokyo:20201101145627j:plain

車検と同時に施工してもらうこと。

・エンジンマウント交換
・ATオーバーホール
・マフラー点検(純正でなければ純正戻し)
・エアコンエバポレーター洗浄
・純正ウッドステアリング&エアバッグ装着
・ステアリングセンター出し(現状左に傾き)
・オーバーフェンダー留め具外れ2箇所修復
・Kensington用グリル&モール装着
・純正シートダイアフラム左右交換
・サスペンション交換

私のミニはサスペンションの衝撃吸収材がオリジナルのラバーコーンから、MST製コイルスプリング(前後ミディアム硬さ)に変更され、ビルシュタインのショックが装着されています。事前の予想より遙かに乗り心地が良く、純正車高がキープされていて好ましいのですが、更なる改善を期して、MST製AT用コイルスプリングセット(前ミディアム・後ソフト)、KYB製VALTAIN減衰力調整式ショックアブソーバー、MST強化ハイトアジャスターに交換してもらいます。MST製スプリングとハイトアジャスターを組み合わせることで、スプリングとハイトアジャスターの間にカラーを挟む必要がなく、スプリングの自由長が増えるそうです。ミニでストロークを増やすのは邪道かも知れませんが(笑)

f:id:fclifetokyo:20201101145657j:plain

f:id:fclifetokyo:20201101145702j:plain

f:id:fclifetokyo:20201101145707j:plain

うちのミニのエンジンルーム内は、ずっとiRさんでメンテされてきただけあって、とてもキレイな状態を保っていると思います。

f:id:fclifetokyo:20201101145638j:plain