fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

SONY α7C / LM-EA7 初持ち出し

穏やかな秋、SONY α7C / LM-EA7 をはじめて外に持ち出してみました。

背面液晶が固定のM10-Pではこういうアオリ構図で撮ることはありませんでした。

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143019j:plain

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143008j:plain

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143100j:plain

極め付きはコレ。バリアングル液晶のお陰で、縦構図のアオリ写真が簡単に撮れます。

しかもLM-EA7のお陰で、この体勢で好きな場所にピントを合わせることもできます。

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143533j:plainf:id:fclifetokyo:20201122155929j:plain

SUMMICRON-M 1:2/35を持ち出すのも初めてですが、さすがSUMMICRON、とても頼りになる写りです。

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143013j:plain

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143024j:plain

見晴らしの良い丘で、レンズをPERARに交換しましたが、汚れている(^^;)

LM-EA7は小口径のレンズだとオートフォーカスがだんだん弱くなってきます。開放f4だとピント合いましたが、そこから絞ると自動では合わなくなったので、マニュアルフォーカスに切り替えました。

SONY α7C / LM-EA7 / MS-OPTICAL PERAR 1:4.5/17

f:id:fclifetokyo:20201122143055j:plain

レンズを大口径のSONNETARに交換、開放でソフトフォーカスを楽しみます。

SONY α7C / LM-EA7 / MS-OPTICAL SONNETAR 1:1.1/50

f:id:fclifetokyo:20201122143032j:plain

たぶんf5.6、キリッと。

SONY α7C / LM-EA7 / MS-OPTICAL SONNETAR 1:1.1/50

f:id:fclifetokyo:20201122143037j:plain

たぶんF8、パリッと。

SONY α7C / LM-EA7 / MS-OPTICAL SONNETAR 1:1.1/50

f:id:fclifetokyo:20201122143044j:plain

LM-EA7のお陰で、レンジファインダー用レンズでもここまで寄ることができます。

SONY α7C / LM-EA7 / MS-OPTICAL SONNETAR 1:1.1/50

f:id:fclifetokyo:20201122143049j:plain

SUMMICRONに戻して、良い発色です。

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143107j:plain

どうしてもアオリたくなります(笑)

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143113j:plain

木の穴の中に小さな秋が

SONY α7C / LM-EA7 / LEICA SUMMICRON-M 1:2/35

f:id:fclifetokyo:20201122143119j:plain

SONY α7C + LM-EA7にして、明らかに撮影のテンポが良くなり、歩留まりも上がりました。M10-Pではできなかった構図も簡単に撮ることができます。私はリストストラップだけ掛けて、右手に持って歩くスタイルですが、SONY α7Cは十分軽く、M10-Pより手の負担にもなりません。

カメラ散歩の頻度が上がりそうです(^^)