fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

α7C カスタムキー&ファンクションメニューの着地点

α7CでLM-EA7電子マウントアダプター経由Mマウントレンズを使う場合のカスタムキーの設定が下記に落ち着きました。

マニュアルフォーカスのときにピーキング表示を使いますが、ときに邪魔になることもあるのでAF-ONボタンをピーキング表示切替に。LM-EA7を使っていても頻繁にマニュアルフォーカスしたくなるので、削除ボタンに再押しAF/MFコントロールを。フレキシブルスポットSを中央で使うことが多いですが、被写体がオフセットしているときにスポットSを簡単に動かせるよう、ダイヤル中央ボタンにフォーカススタンダードを。ダイヤル下ボタンにはまず使いませんがAPS-Cサイズへのクロップボタンを割り当てました。

f:id:fclifetokyo:20201209133959j:plain

動画は撮影しないので、動画ボタンにピント拡大を割り当てると、シャッターボタンからの押し換えがスムーズで非常に便利です。

f:id:fclifetokyo:20201209134005j:plain

レンズボタンは意味がないので未設定

f:id:fclifetokyo:20201209134011j:plain

手ブレ補正焦点距離はLM-EA7から電子接点を通じて供給され、ボディ側で自動設定されますが、LM-EA7以外のマウントアダプターを装着したときにはマニュアルで設定しなければならないので、ファンクションメニューに手ブレ補正焦点距離を割り当てました。あとはサイレント撮影を追加しました。

f:id:fclifetokyo:20201209134018j:plain

私はファンクションボタンがたくさんあってもあまり使わない方なので、α7Cの数で十分でした。