fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

完売御礼m(_ _)m 【奇跡の35,132km】1979年式 ルノーサンク Renault5 初期型 前期型 縦サンク フランス仕様 左ハンドル 4MT 1979年からのすべての記録簿あり

 

1979年式 ルノーサンク Renault5 初期型 前期型 縦サンク フランス仕様 左ハンドル 4MT 1979年からのすべての記録簿あり!

平成28年6月にドイツから輸入して日本で初度登録した、1979年式 ルノーサンク Renault5 初期型 前期型 縦サンク フランス仕様 左ハンドル 4MTを販売いたします。

現存する初代ルノーサンク(初代がいわゆる縦サンク、2代目がシュペールサンク)の中で、抜群に走行が少なく、徹底した整備により高品質な状態を保っております。
また、本個体は初代ルノーサンクの中でも「前期型」に属し、前期型と後期型では内外装が大きく異なります。前期型は特徴的な縦縞模様のインパネ、
ヘッドレストのないシンプルなシート、小さな前後バンパー、メタル製サイドミラーなど、この年代ならではの味わいの深い内外装となっております。
前期型ルノーサンクは1972年にデビューし、1979年に後期型にマイナーチェンジしました。従いまして1979年式は前期型初代ルノーサンクの最終モデルとなります。

この種の大衆車は使い潰されることが多く、走行過多や整備不十分な車両も散見されますが、この車両は常時ガレージ保管、1979年から定期的な整備を欠かさず
行われており、日本に来てからも気になるところはすべて整備しましたので、現存する初代ルノーサンクの中で抜群の高程度であることは間違いありません。
なお、1979年から現在までの整備記録をすべて保管しております。

1979年式 ルノーサンク Renault5 ベースグレード前期型(「L」グレード相当ですが1979年式は「L」という名称が使われていませんでしたのでベースグレード)

型式 R1221
車重 730kg
エンジン 845cc 36ps
ミッション 4速マニュアルトランスミッション
ブレーキ 全輪ドラム
タイヤ 135R13(現在は ミシュラン エナジーセイバー 145/80R13 75S)
最高速 122km/h
カラー ホワイト
全長 3506mm
全幅 1525mm
全高 1400mm
定員 5名
走行距離 35,132km(平成28年輸入時 30,922km)

<この車の物語>

1979年4月20日、フランス南部のClermont-Ferrand近郊Puy-de-Dme県に住むOdette Ravel夫人は最もベーシックなRenault5を購入しました。
週一回の買物と日曜日の礼拝以外はガレージに格納されたそのRenault5は、夫人が高齢により運転免許を返納する2013年末までの35年間に、
僅か28,800kmしか使われませんでした。
夫人はそのRenault5を地元のRenaultディーラーに売却、2014年の春、たまたま当地を旅行していたドイツ人の目にとまります。
Mnsterの製紙会社オーナーであるCarl Buening氏は無類の旧車好き。このRenault5とたちまち恋に落ちた彼は、その場で彼女を購入し、
ドイツMnsterまでの1,200kmを自走して持ち帰りました。
当初彼はRenault5を妻へのプレゼントにするつもりでしたが、妻は頑として古いsmartを下りようとせず、以来、晴れた日に彼自身が少し
運転する程度で専ら地下駐車場に保管していました。彼の元でキャブレター、ラジエター、イグニッションケーブル、ブレーキホース、タイヤが
新品交換され、日本に到着後はクラッチ、ブレーキを初めとした各箇所を私がルノー正規ディーラーにて徹底的に整備しました。
Odette Ravel夫人、Carl Buening氏、そして私による整備記録がすべて書面で揃っています。
グレードはTLでもGTLでもない最もベーシックな単に「Renault5」。OHV 4気筒 845ccのエンジンは絶好調。内外装もとても美しい状態を保っています。
私は4年半で5千キロほどしか乗ってやれませんでしたが、次のオーナーにこの車の歴史を引き継いでいただきたいと思います。良い出会いがありますように。

<出品物>

・車両本体
・オリジナル取扱説明書
・1979年からの記録簿
・初代ルノーサンクパーツリスト(超希少)
・ルノーサンク関連書籍コレクション
・スペアパーツ

フランス仕様ですので、マフラーは希少なサイド出し(車検適合)です。サンクは内外装が傷んでいる車両が多いのですが、この車両は非常にキレイな状態を保っています。
インパネのプラスチック類も完璧な状態です。また当時モノのディーラーオプションオーディオも使用することができますが、ラジオの感度は出ていません。
シート類に破れや汚れもなく、とてもキレイな状態です。日本に来てから、内装は天井、床カーペットを含めてプロによるフルクリーニングを受けています。
外装も磨きとガラスコーティングを施工しました。雨天での走行はしておりません。(1回だけ出掛けているときに降られたことがある程度です)

注意事項として、この時代のルノーサンクにはエアコンが装備されていません。エアコンの後付けも難しいと思われますのでご注意ください。もちろん暖房は標準装備です。

<日本の車検証>

登録年月日 平成28年6月17日
初度登録年月 平成28年6月
種別 小型・乗用(5ナンバー)
有効期限 令和3年7月8日

<日本に来てからの整備履歴>

平成28年6月納車時(法適合含む)
触媒コンバータ取付
点火装置フルトラ化
左側通行用ヘッドライト取付
菱形サイドウィンカー取付
バックランプ兼ナンバープレートランプ取付
サイドブレーキ警告灯取付
ETC取付(アンテナはステルス装着)
12V電源ソケット取付

平成28年6月 ルノー八王子
エンジンオイル・フィルター交換
ミッションオイル交換
クーラント交換
ブレーキフルード交換
リアアンダーコート

平成28年7月 IKC鎌倉工房
シート洗浄
ルーフライニング洗浄
ドアトリム、ダッシュ廻り洗浄
室内、ラゲッジルームフルリセット清掃

平成28年7月 タイヤフィッター
タイヤ交換(ミシュラン エナジーセイバー 145/80R13 75S)

平成28年9月 ルノー八王子
右アッパーアームボールジョイント交換
右ステアリングラックエンド交換
バッテリー交換(日本仕様バッテリー端子変更)
スパークプラグ交換

平成29年2月 ルノー八王子
フロント左右ブレーキホイールシリンダ及びライニング交換
リア左右ブレーキホイールシリンダ及びライニング交換

平成30年4月 ルノー八王子
クラッチキット交換
ミッションオイル交換
エンジンオイル・フィルター交換

令和1年7月 ルノー稲城
法定24ヶ月点検
エンジンオイル・フィルター交換
ブレーキフルード交換
クーラント交換
ミッションオイル交換
左アッパーアームボールジョイント交換
左右ワイパーブレード交換
左右ヘッドライトバルブ交換

令和1年11月 ルノー稲城
左右ステアリングサイドロッドエンドブーツ交換

令和2年2月 ルノー稲城
右ステアリングサイドロッド交換
右ステアリングロッド交換

日本ではルノー正規ディーラーにて上記保守点検整備を行いました。気になるところはすべて修理済みで、現在完璧な状態です。

個人間売買ですので消費税は掛かりません。自動車登録事務所に持ち込んで名義変更となります。費用は印紙代等~1万円程度かかります。
別途陸送が必要な場合はその費用も別途掛かります。

実車見学、試乗も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

現状と異なるところは現状優先となりますのでご容赦ください。

 

それではご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

f:id:fclifetokyo:20210204120114j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120235j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120123j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120131j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120139j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120148j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120157j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120206j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120216j:plainf:id:fclifetokyo:20210204120225j:plain