fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

SIGMA X3F Plug-in for Photoshop

FoveonセンサーはSIGMA独自のRAWであるX3F形式で撮ってSIGMA PHOTO PROで現像せよというのがFoveonマニアの定説。しかしこのソフトがあまり使い勝手が良くなく、レタッチは当然できるもののトリミングができません。また今どきクラウド非対応なのでローカルに必ずファイルを保存しておく必要があります。


そこで、SIGMAが提供しているSIGMA X3F Plug-in for Photoshopをインストール。

f:id:fclifetokyo:20210205164834j:plain

これがあればPhotoshopでX3Fファイルを直接現像することができ、しかも、AdobeクラウドにX3Fのまま保存することができます(^^)

f:id:fclifetokyo:20210205164914p:plain

しかしこのプラグイン、X3Fファイルを1枚ずつしか取り込むことができない(😣) 例えば100枚撮ったら100回のファイル読み込み作業が必要になることがわかりました。

f:id:fclifetokyo:20210205164900j:plain

そしてLightroomと違ってPhotoshopはアルバム的に使用することができません。あくまで一枚一枚の写真をレタッチやトリミングするだけです。
普段使っている、DNG→Lightroomがいかに便利なものかを再認識。X3FとDNGでは画質が違うとマニアは言うが、聞かなかったことにして素直にDNGで撮影します。LightroomがX3F取り込みに対応してくれれば良いのですが。