fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

「v6プラス固定IPサービス」の怪

「v6プラス固定IPサービス」
https://www.jpne.co.jp/service/v6plus-static/


5月1日にドコモ光BIGLOBEからenひかりに乗り換えたのですが、特定のサイトに繋がらなくまりました。まず最初に気がついたのはL2TP/IPsecを使った会社のVPN、次にATOKクラウドサービス、Sansan、そして昨日からAdobe Creative Cloudに繋がりません。


会社のVPNを構築してくれたNEC、ATOKのジャストシステム、Sansanの各サポート部署に動いてもらうも原因が特定できず。ほぼ諦めて、enひかりから元のBIGLOBEに戻すべく手続きを開始した矢先、ふと、enひかりになってから新たに使っている「v6プラス固定IPサービス」が頭をよぎり、NTT東日本のホームゲートウェイ(ルーター)の固定IP設定を削除して、元の動的グローバルIPを取得したところ、嘘のようにすべてのサイトに繋がるようになりました。


悪さをしていたのが、v6プラス固定IPサービス(提供事業者JPNE)なのかルーターなのかはわかりませんが、とにかく固定IPだと特定サイトに繋がらないので、速攻で固定IPサービスを解約しました。


v6プラス固定IPサービスは、IPv6通信上で擬似的にIPv4を通すIPv4 over IPv6の技術を元に、IPv4アドレスを固定にしたもので、比較的新しいサービスです。新しいだけにまだこなれていないのかも知れません。良い勉強になりました。


わが家だけの固定IPはなくなりましたが、実際には動的グローバルIPもそうそう変わるものではなく、平気で数ヶ月は同じIPが割り当てられています。一応、ダイナミックDNSサービスを使って動的IPアドレスとサーバ名をネームサーバに登録し、動的IPが変更になってもDNSに自動通知され、同じサーバー名で外部から接続できる設定に戻しました。