fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

LEICA M11に関する噂のアップデート

今回アップデートされたLEICA M11の噂の中で興味があるもの。


【第一位】
EVFを内蔵した新しいライカMカメラが登場する可能性はまだある。

→M11よりこちらの方が大事。これのカラーとモノクロームが出たら、M10-RとM10 Monochromを質に入れても買う

【第二位】
現行のM10モデルにも対応する新しいビゾフレックスが発表される。

→M10-RとM10 Monochromを継続使用する前提で買う

【第三位】
ライカM11のセンサーはRAWの解像度が可変になると言われている(5000万画素/3600万画素/1500万画素)

→高感度耐性や周辺光量がM10-R、M10 Monochromより低下していなければ5000万画素に興味はあるが、画素飛ばしに何の意味があるのかは不明。レンジファインダーのままなら買い替えるほどではない


M11は従来のレンジファインダーカメラの延長線でしょうから、4100万画素のM10-R、M10 Monochromから買い替える可能性はとても低く、しかし新しいビゾフレックスは有機ELでしょうから、画質と小型化に大いに期待します。