fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

Rakuten UN-LIMIT VIを契約

ahamo 3回線のうちメイン1回線(仕事用・海外用)を残してサブ2回線をnuroモバイルに鞍替えするつもりだったのですが、計画変更し、Rakuten UN-LIMIT VIを契約しました。

f:id:fclifetokyo:20210620141627j:plain

これらはサブスマホとタブレット用なのですが、考えてみればほとんど屋外に持ち出しません。ahamoのギガ消費もほぼ0GBが続いています。ならば、1GBまで無料で、しかもRakuten Linkアプリを使えば国内通話が無料の楽天がいちばん得という結論になりました。


1回線目はeSIMで契約。my楽天モバイルアプリ上でeKYCによる自動本人確認が終わると契約完了、すぐにeSIMが準備されます。ahamoの物理SIMを入れているGoogle Pixel 5にeSIMをダウンロードしました。

f:id:fclifetokyo:20210620141733j:plain

このダブルSIMで、データ通信はahamoで20GBまで使用し、通話はRakuten Linkで無料にするのが流行っているそうです。私の場合はLEITZ PHONE 1が来たらahamoのSIMはそちらに行くので期間限定の運用。

f:id:fclifetokyo:20210620141753j:plain

2回線目はnanoSIMで契約。2回線目からは残念ながら1GBまで無料扱いはなく、3GBまで1,078円スタートの契約になります。20GBまで2,178円です。

f:id:fclifetokyo:20210620141825j:plain

こちらはサブスマホより持ち出す機会が多いタブレットに挿入して使用することにしました。
楽天モバイルもそのうち改悪があるかも知れませんが、サブだけどSIMは一応入れておきたいという需要には最適ですね。