fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

LEICA LEITZ PHONE 1

一昨日発売されたLEICAブランドのスマートフォン、LEITZ PHONE 1がやってきました。

LEICA Qと一緒に記念撮影

f:id:fclifetokyo:20210718082238j:plain

外観はLEICAのカメラを表現していてとてもミニマルで質感が高いものです。

話題になっているレンズキャップ。意匠は良いですが指の掛かりが悪く取り外しにくい(^^;)

f:id:fclifetokyo:20210718082420j:plain

側面のローレット加工はケースを付けると見えなくなるのでもったいない。

f:id:fclifetokyo:20210718082448j:plain

ビックカメラで本体のみ購入、ahamoを入れました(物理SIMのみ対応、SIMフリーですがAPN手動設定必要あり)。久しぶりにSDカード対応のスマートフォンを買ったので、手持ちの512GBのSamsungを投入。これで好きな音楽をWAVで持ち歩くことができます。

f:id:fclifetokyo:20210718082604j:plain

残念なのは非接触充電に対応しないところ。USB-Cをいちいち挿すのは面倒なので、マグネット式充電コネクターを導入しました。スマートフォン本体側のコネクタが数ミリ飛び出すのですが、ケースを付けるとご覧の通りほぼツライチになります。(ただしそのままではケーブル側コネクタがうまくハマらないので、ケースの穴を少し拡張してあります)

f:id:fclifetokyo:20210718082927j:plain

充電時はこんな感じ。PD対応 100W/5A 急速充電対応で、通信もOKです。

f:id:fclifetokyo:20210718083118j:plain

二日間イジった感想は、デカくて重い(笑)

特に最近のメインスマホがPixel 5だったのでその差が大きいですが、以前、Note10+に重い純正ケースを付けて日常使用していたので、それと同等くらいでしょうか。

世間的には1インチセンサーの内蔵カメラが注目されているようですが、私の場合、スマホのカメラは記録にしか使わないので、まだ試していません(^^;)

取りあえず、LEICAブランドのスマートフォンの初代を買っておくことが重要、ということでした(^^)