fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ahamo速度制限から結局docomoに戻る

先日、出雲大社に行った日、ahamoが20GBに達し速度制限が掛かりました(1Mbps)。

不覚にも予備SIMを持っておらず、追加ギガを買うのも何だか悔しいので我慢。8月31日だったので翌日午前0時で幸い解除されました。

 

理由はRAW写真の大量転送。私は撮影旅行に行ったとき、隙間時間に写真をクラウドにアップロードします。そうすればスマホやPCですぐに写真を確認できますし、家に帰ってから写真を処理する手間もなし。しかし、一枚当たり平均45MBの写真は200枚転送しただけで9GBに。200枚なんて1日で楽に撮影する枚数です。


速度制限を回避するために、メインSIM以外に予備SIMを2~3枚用意しようかと思ったのですが、SIMを入れ替えたり、SIM別に容量管理するのは非常に面倒。そしてそもそもそれなら無制限docomoの方が安いんじゃないか?


計算してみたら、当たり前ですがその通りでした(笑)

ahamo
2,970(20GB)
1,100(かけ放題OP)
2,970(20GB)
2,970(20GB)
10,010円/月・60GB

docomo 5Gギガホプレミア
7,315円(無制限GB)
1,870円(かけ放題OP)
9,185円/月・無制限GB


ということで、結局ahamoをdocomo 5Gギガホプレミア(無制限)に変更し、容量を気にせずRAW写真を転送できるようにしました。


また、ahamoは仕様の問題でSurface Go2では使用できなかったので、別途LINEMOの20GB 2,728円を契約していましたが、5Gギガホプレミアにオプションで付けられる「データプラス(データ専用追加SIM)」なら1,100円で30GBまで使えます。こちらはSurface Go2でも使用可。(5GデータプラスはSurface Go2で使えない可能性があるので回避)

それも含めると差は更に広がり、docomoの方が2,453円安くなりました。しかも無制限なのでとても気が楽です。

データプラスで無事Surface Go2も接続(^^)

f:id:fclifetokyo:20210902181950p:plain