fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

OCNのIPoE+ホームゲートウェイでは静的NAPT設定できない

OCN光が前触れなくIPoE接続に切り替わりました(笑) 開通翌月10日でもなければ、申し込みから1ヶ月でもなかった(爆) まあ早く切り替わった分には文句ありません。


ここで問題が。


私は外出先から自宅PCにアクセスするので、ルーター(ホームゲートウェイ)の特定ポートを開放し、そのポートに来たパケットを特定PCに流す設定(静的NAPT設定)をする必要があります。例えば1234というポートに来たパケットをパソコンAへ、6789というポートに来たパケットをパソコンBへ流す設定です。外部からは、[自宅のグローバルIP]:[ポート番号]、例えば123.57.12.192:1234でパソコンAに、123.57.12.192:6789でパソコンBに接続することができます。123.57.12.192の部分は固定IPではなく可変なので、実際にはダイナミックDNSサービスを利用して、一定のドメインネームで接続できるようにしています。


さて、enひかり(V6プラス)のときはホームゲートウェイの配信済事業者ソフトウエアで静的NAPT設定することができました。しかし、OCNのIPoEでは、利用可能なポート番号は表示されるものの、肝心の静的NAPT設定をするメニューがありません。これでは、特定ポートと特定PCを紐つける設定ができないので、外部から自宅PCにアクセスすることは不可能です。

 

f:id:fclifetokyo:20210922225026p:plain

f:id:fclifetokyo:20210922225038p:plain

 

やられました~(^^)


事業者によって、ホームゲートウェイに配信されるソフトウェアが異なり、こういう不都合があることは盲点でした。


もう一度、enひかりに事業者変更することにしました(😑)