fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

OCN(のIPoE/IPv4 over IPv6)でポート開放できない問題をどうするか

OCN(のIPoE/IPv4 over IPv6)にすると外部にポート開放できない問題。調べてみたら同様に困っている方がたくさんネット上にいました。


解決方法としては概ね2通り


①PPPoEブリッジを有効にしたNTTホームゲートウェイ傘下にルーターを1台追加し、追加ルーターからPPPoE接続でOCNに接続する。つまり、NTTホームゲートウェイはIPoE/IPv4 over IPv6で接続したままにして、混雑時のIPv4輻輳を避けたい機器はこちらに接続。追加したルーターは旧来のPPPoEでIPv4に接続し、外部からアクセスしたい機器はこちらに接続してポートを開放する。NTTホームゲートウェイと追加ルーターそれぞれから、異なる方式でOCNに同時接続する方法。(同時接続しても料金が2倍取られることはない)


この場合の問題点:

・追加ルーターに接続する機器はPPPoEでIPv4に接続するので、IPv4サイトへの接続は混雑時の輻輳を避けられない。
・ネットワーク構成が少し複雑になる。


②enひかりなど、ポート開放できる「V6プラス」を採用しているプロバイダに戻す。

この場合の問題点:
・OCNの2年しばりの違約金を取られる。
・OCNで事業者変更手数料(転出)、移動先でも事業者変更手数料(転入)を取られる。(これはすでにenひかりからOCNへの転出でも取られているので往復で取られることになる)
・OCN IPoEアドバンスが使えない。

悩ましいですが、戻る方向が濃厚か。。。