fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

LEICA SL2 セットアップ

午前中一杯掛けてLEICA SL2のセットアップを行いました。

f:id:fclifetokyo:20211127154700j:plain

RアダプターLを装着すると、ROM付きRレンズであれば自動検出し、ROM無しなら全62本のRレンズリストの中から手動選択することができます。M10-Rには21本のRレンズしか登録されていないので、SL2にはその3倍登録されていることになります。

f:id:fclifetokyo:20211127154727j:plain

f:id:fclifetokyo:20211127154810j:plain

f:id:fclifetokyo:20211127154822j:plain

同様に、MアダプターLを装着すると、6bit付きMレンズであれば自動検出し、6bit無しなら全59本のMレンズリストの中から手動選択することができます。

f:id:fclifetokyo:20211127155003j:plain

MレンズもRレンズも、ボディがLEICAでなくとも市販のマウントアダプターを介して大抵のミラーレスカメラに装着することができますが、LEICAのボディを使うと、登録されたレンズプロファイルを使うことができ、EXIFにもレンズ銘が書き込まれるのが便利です。


私が持っているRレンズ(すべてROM無し)はすべてリストに含まれていました。

f:id:fclifetokyo:20211127154943j:plain

自分が持っているRレンズ/Mレンズだけをレンズリストに表示させる機能もあって便利。

f:id:fclifetokyo:20211127154922j:plain

私の場合、手持ちのRレンズ5本はすべてROM無し、Mレンズはすべて6bitありなので、ユーザープロファイルを6個作って、メニュー画面からワンタッチで切り替えられるようにしました。

f:id:fclifetokyo:20211127155219j:plain

RアダプターL+Rレンズ装着例

f:id:fclifetokyo:20211127155351j:plain

MアダプターL+Mレンズ装着例

f:id:fclifetokyo:20211127155317j:plain

おおまかなセットアップが終わり、早速テスト。最も興味があるのは望遠レンズ使用時の手ブレ補正です。TELYT-R 1:4.8/350mmを装着し「手持ち」でいつもの携帯電話基地局を撮影してみました。


ボディが900g、レンズが1850gで合計2.75kg、カメラを構える手は明らかにプルプルしています。明るくてシャッタースピードが稼げたのもありますが、出てきた画像は、M10-Rを三脚に載せて、セルフタイマー12秒で息を止めて撮影したのとほぼ遜色なし。ボディ内手ぶれ補正5.5段分の威力は強力です。こんなに簡単に望遠撮影できるとはビックリ。

f:id:fclifetokyo:20211127155430j:plain

EVFの映りがM10-Rで使っているヴィゾフレックスの比ではなくキレイで、かつピント拡大倍率がM10-Rよりも一段大きく拡大できるので、ピント合わせのストレスもありません。

APS-Cクロップ撮影機能もあり、350mmであれば1.5倍の525mm相当、約20MPのRAWファイルを生成します。

f:id:fclifetokyo:20211127155451j:plain

大きく重いので避けていたSL2ですが、もっと早く導入しておいても良かったな~と思いました。