fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

APO-TELYT-R 1:4/280mm vs TELYT-R 1:4.8 350mm

月がとてもキレイなので望遠レンズのテストをしました。


母艦はLEICA SL2(ISO200・SS1/200)
レンズはAPO-TELYT-R 1:4/280mmとTELYT-R 1:4.8 350mm


まず、倍率を稼ぐためにAPO-EXTENDER-R 2xを付けて撮影しましたが、画質が非常に落ちます。参考書には画質の劣化なく焦点距離を2倍にすると書いてありますが、やはりLEICAでもテレコンはテレコン、ダメです。すべての写真を却下。


次に、APO-EXTENDER-R 2xを外してレンズ本来の焦点距離で撮影。


拡大しない画像では月が十分小さいので、APO-TELYT-R 1:4/280mmとTELYT-R 1:4.8 350mmの画質の差はわかりません。

f:id:fclifetokyo:20211209190657j:plain

f:id:fclifetokyo:20211209190708j:plain

しかし、画素等倍を超えて、少々乱暴ですが300%までクロップしてみたら、歴然たる画質の差がありました。APO-TELYT-R 1:4/280mmの圧勝です。

f:id:fclifetokyo:20211209190721j:plain

f:id:fclifetokyo:20211209190732j:plain

APO-TELYT-R 1:4/280mmがなぜ海外で高値で取引されているのかが、よくわかりました。