fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

家内がレンズ交換式カメラデビュー(LEICA CL)

フルサイズセンサー& 28mmレンズ固定式のLEICA Qから、APS-Cセンサー&レンズ交換式のLEICA CLへ。

f:id:fclifetokyo:20220114153134j:plain

用意したレンズは汎用性の高いズームとマクロ
・VARIO-ELMAR-TL F3.5-5.6/18-56mm ASPH.
・APO-MACRO-ELMARIT-TL 60mm f/2.8 ASPH.

f:id:fclifetokyo:20220114153148j:plain

私も少し試写しましたが、APS-Cをなめていました。やはりLEICAはLEICA、CLはとてもLEICAらしい画を出してきます。


そして、もっとなめていた小口径の暗い標準ズーム、VARIO-ELMAR-TL F3.5-5.6/18-56mm ASPH.、これがとても高精細で驚愕。しかもとても軽い。


一眼レフ用伝説のレンズ、APO-MACRO-ELMARIT-R 100mm f/2.8の写りを現代に再現したというAPO-MACRO-ELMARIT-TL 60mm f/2.8 ASPH.、こちらは15cmまで近接して何とアダプターなしで等倍マクロ撮影が可能。素晴らしい写りです。


APS-Cシステムは軽い上に、ボディもレンズも紛うことなきLEICA品質です。
これらのレンズはLEICA SL2にもそのまま装着できるので、私が使う機会も多くなりそうです(特にAPO-MACRO)。